テアテとベルブランはどっちがいいの?成分や特徴とデメリットを比較

楽天市場ランキング 化粧品・ローション部門で化粧品№1を獲得した話題のニキビケア商品「テアテ」。

 

テアテとベルブランはどちらの方がニキビに効果があるのでしょうか?

 

成分や特徴とデメリットを比較してみました!

 

 

テアテとベルブランはどっちがいいの?

テアテ

テアテ化粧水の全成分

シメン-5-オール、グリチルリチン酸2K、アラントイン、ヒオウギ抽出液、レモングラス抽出液、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、セージエキス、サボンソウエキス、レモンエキス、オウバクエキス、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、ヒアルロン酸Na-2、濃グリセリン、1.2-ペンタンジオール、グリコシトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、トレハロース、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、クエン酸Na、クエン酸、POE(60)水添ヒマシ油、精製水、エタノール、BG,フェノキシエタノール、無水エタノール

テアテは医薬部外品なのでニキビに有効な成分として、シメン-5-オール、グリチルリチン酸2K、アラントインが配合されています。

 

ニキビに効果的な成分

シメン-5-オール

シメン-5-オールには殺菌作用があり、ニキビの原因となるアクネ菌を退治する働きがあります。

 

グリチルリチン酸2K・アラントイン

グリチルリチン酸2Kとアラントインは消炎作用を持っており、赤く腫れたニキビの炎症を抑えて、ニキビの悪化を食い止めてくれます。

 

また、ニキビができるのを予防する働きもあります。

 

上記の他にも、テアテにはセイヨウキズタエキスやセージエキスといったお肌を清潔に保つ効果のある成分が配合されています。

 

その他のテアテの効果

保湿力が高い

テアテに配合されたヒアルロン酸Na-2やトレハロースは水分保持力が強いので、お肌の潤いをしっかりとキープして乾燥を防ぎます。

 

お肌を引き締める効果

テアテには、ゴボウエキス、レモンエキス、オウバクエキスといった収れん成分が配合されているので、お肌を引き締める効果が期待できます。

 

ターンオーバーをサポート

テアテには肌のターンオーバーをサポートする成分が2つ配合されているので、肌サイクルを促して、お肌を綺麗な状態に保ちます。

 

まず、サボンソウエキスは、洗浄効果に優れていて、お肌の汚れになる古い角質を取り除くことで、肌サイクルを促します。

 

そして、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩は、ターンオーバーをサポートしたり、お肌によくない活性酸素を退治したりします。

 

デメリット

テアテは化粧水だけなので保湿が物足りない場合は他社の保湿商品と併用しなければならない。

 

ベルブラン

ベルブラン全成分

トラネキサム酸/グリチルリチン酸2K/ヒドロキシエチルセルロース/キサンタンガム/BG/濃グリセリン/カルボキシビニルポリマーアルギニン/POE(40)硬化ヒマシ油/1,2-ペンタンジオール/水添大豆リン脂質/天然ビタミンE/ステアロイルフィトスフィンゴシン/ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液/アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム/加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2/エクトイン/油溶性甘草エキス/水溶性コラーゲン液-4/加水分解コラーゲン末/アーティチョークエキス/アセチルチロシン酢酸チロシン/牡丹エキス/カッコンエキス/プルーン酵素分解物/テンニンカ果実エキス/3-O-エチルアスコルビン酸/シルバーバイン果実エキス/セイヨウオオバコ種子エキス/アマチャヅルエキス/スターフルーツ葉エキス/セイヨウナシ果汁発酵液/カンゾウ葉エキス/党参抽出物加水分解液/アルピニアカツマダイ種子エキス/カモミラエキス-1/フェノキシエタノール/精製水

有効成分:トラネキサム酸・グリチルリチン酸2K

 

ニキビに効果的な成分

トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で抗炎症・抗アレルギー効果や止血効果を持ち、もともとは湿疹・じんましんの治療や出血を止める目的などで長く医療の現場で用いられています。

 

メラニンの生成を抑制する効果や炎症を抑える作用があるので、ニキビ跡の治療にも効果的だといわれています。

 

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれる成分で、炎症を抑え、肌荒れやニキビのケアに効果を発揮します。

 

その他のベルブランの効果

トリプルヒアルロン酸の効果でしっとりしたツヤ肌に

ベルブランにはヒアルロン酸ナトリウムや植物性エキスなどの保湿系成分が配合されています。

 

ベルブランに配合されている3種類の大きさと性質の違うヒアルロン酸の効果によって、肌の乾燥が原因でできたニキビ跡のボコボコ肌を、しっかり潤ったツヤツヤ肌に変えることができます。

 

ボコボコ肌を改善!

ベルラインに配合されている「コラーゲン」と「スターフルーツ葉エキス」の効果により、ゴワゴワした凹凸のある肌をなめらかでふっくらした肌に改善させていくことができます。

 

ニキビを潰すなどしてダメージが残ってしまった肌に水溶性コラーゲンを塗ることで、乱れてしまった角質層の細胞の配列を整えます。

 

保水力の強いコラーゲンが留まることで、しっかりと水分を保持して肌に潤いやハリ、弾力をあたえてくれます。

 

スターフルーツ葉エキスには、コラーゲンを作り出す線維芽細胞を活性化させる作用があるので、肌に大きなダメージを受けてへこんでしまったニキビ跡をなめらかに整えてくれます。

 

デメリット

ベルラインの口コミを調べてみると、メイク用品との相性によっては、カスのようなモロモロが出るという意見がありました。

 

忙しい朝にメイクがスムーズに出来ないというのは、デメリットと言えます。

 

また、ベルブランは美白美容液なので乾燥する場合は化粧水や乳液・クリームと併用する必要があります。

 

ベルブランでは化粧水・乳液・クリームは取り扱っていないので、他社の商品と併用しなければなりません

 

ベルブランが気になる方はこちらの公式サイトを確認してくださいね。

ニキビ跡専用化粧水ベルブラン

 

 

結果

テアテもベルブランもニキビに効果的だという事が分かりました。

 

現在ニキビに悩んでいる方はテアテを、ニキビ跡に悩んでいる方はベルブランをおすすめします。

 

乾燥する場合はどちらも他社の保湿商品と併用する必要があるので、ご自身の肌に合った保湿商品を選ぶようにしてください。

 

テアテに関する関連記事はこちら

テアテの口コミは?ガチでニキビに効かない等の辛口な悪い評判はある?

テアテの最安値はどこ?アマゾンやメルカリはどうなの

テアテの解約はメールでも出来るの?【購入前に知っておきたい】

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

  • テアテにはニキビに有効な以下の成分が配合されている。
  • シメン-5-オール
  • グリチルリチン酸2K
  • アラントイン
  • 他にもテアテには以下のような効果がある。
  • 保湿力が高い
  • お肌を引き締める効果
  • ターンオーバーをサポート
  • ベルブランにはニキビに有効な以下の成分が配合されている。
  • トラネキサム酸
  • グリチルリチン酸2K
  • 他にもベルブランには以下のような効果がある。
  • トリプルヒアルロン酸の効果でしっとりしたツヤ肌に
  • ボコボコ肌を改善!
  • どちらもニキビに効果的だが、現在ニキビに悩んでいる方はテアテ、ニキビ跡に悩んでいる方はベルブランがおすすめ。
  • どちらも乾燥する場合は他社の保湿商品と併用する必要があるので、自分の肌に合ったものを選ぶのが大切。