テアテとビーグレンはどっちがいいの?成分や特徴とデメリットを比較

楽天市場ランキング 化粧品・ローション部門で化粧品№1を獲得した話題のニキビケア商品「テアテ」。

 

テアテとビーグレンはどちらがニキビに効果的なのでしょうか?

 

成分や特徴とデメリットを比較してみました!

 

 

テアテとビーグレンはどっちがいいの?

テアテ

テアテ化粧水の全成分

シメン-5-オール、グリチルリチン酸2K、アラントイン、ヒオウギ抽出液、レモングラス抽出液、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、セージエキス、サボンソウエキス、レモンエキス、オウバクエキス、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、ヒアルロン酸Na-2、濃グリセリン、1.2-ペンタンジオール、グリコシトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、トレハロース、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、クエン酸Na、クエン酸、POE(60)水添ヒマシ油、精製水、エタノール、BG,フェノキシエタノール、無水エタノール

テアテは医薬部外品なのでニキビに有効な成分として、シメン-5-オール、グリチルリチン酸2K、アラントインが配合されています。

 

テアテの特徴

肌に優しい成分だけを配合しているので、どんな肌質の方でも安心して使用することができる。

 

ニキビに効果的な成分

シメン-5-オール

シメン-5-オールには殺菌作用があり、ニキビの原因となるアクネ菌を退治する働きがあります。

 

グリチルリチン酸2K・アラントイン

グリチルリチン酸2Kとアラントインは消炎作用を持っており、赤く腫れたニキビの炎症を抑えて、ニキビの悪化を食い止めてくれます。

 

また、ニキビができるのを予防する働きもあります。

 

上記の他にも、テアテにはセイヨウキズタエキスやセージエキスといったお肌を清潔に保つ効果のある成分が配合されています。

 

その他のテアテの効果

保湿力が高い

テアテに配合されたヒアルロン酸Na-2やトレハロースは水分保持力が強いので、お肌の潤いをしっかりとキープして乾燥を防ぎます。

 

お肌を引き締める効果

テアテには、ゴボウエキス、レモンエキス、オウバクエキスといった収れん成分が配合されているので、お肌を引き締める効果が期待できます。

 

ターンオーバーをサポート

テアテには肌のターンオーバーをサポートする成分が2つ配合されているので、肌サイクルを促して、お肌を綺麗な状態に保ちます。

 

まず、サボンソウエキスは、洗浄効果に優れていて、お肌の汚れになる古い角質を取り除くことで、肌サイクルを促します。

 

そして、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩は、ターンオーバーをサポートしたり、お肌によくない活性酸素を退治したりします。

 

デメリット

テアテは化粧水だけなので保湿が物足りない場合は他社の保湿商品と併用しなければならない。

 

ビーグレン

ビーグレン クレイウォッシュ全成分

水, モリロナイト, ソルビトール, PCA-Na, BG, 尿素, ココイルグルタミン酸Na, コカミドDEA, スクワラン, ヒアルロン酸Na, フェノキシエタノール, モノカプリン酸グリセリン, カミツレエキス, PCA

ビーグレン QuSomeローション全成分

水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na

ビーグレン Cセラム全成分

PG、アスコルビン酸(ピュアビタミンC)、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7

ビーグレン モイスチャーリッチクリーム全成分

水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸PEG-45, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, バチルアルコール, ステアリルアルコール, ベヘニルアルコール, パルミチン酸セチル, アセチルテトラペプチド-2, オリゴペプチド-6, ダイズ芽エキス, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, コレステロール, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, 乳酸K, 乳酸, パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール, ペンチレングリコール, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, 水酸化K

ビーグレンの特徴

ビーグレンは「キューソーム」という浸透技術を使って美容成分をナノカプセル化して各層の奥まで届けているので効果が早いと言われています。

 

ビーグレンのニキビへの効果

クレイウォッシュが毛穴の奥の汚れまでしっかり落としてくれる!

ビーグレンのクレイウォッシュは毛穴の中にするすると入りこんで、汚れだけを選択して吸着してくれます。

 

肌の潤いは残しながら、ニキビの原因を取り除くことができます。

 

ビタミンC配合により、美容液の浸透力が抜群

ビーグレンの美容液はビタミンCを高濃度で配合しているため、肌への浸透力が抜群で、ニキビ跡や色素沈着といった治りにくい肌トラブルにも対応してくれる修復効果を期待できます。

 

デメリット

ニキビケアプログラムを全て揃えると1万円近くかかってしまう。

 

 

ビーグレンが気になる方はこちらの公式サイトを確認してくださいね。

ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

 

結果

どちらもニキビに効果的ですが、テアテは化粧水だけで保湿効果があるのでお手軽に試すことができます。

 

乾燥する場合はビーグレンのCセラムと併用することをおすすめします。

 

併用することでよりニキビへの効果を発揮してくれますよ。

 

テアテに関する関連記事はこちら

テアテの口コミは?ガチでニキビに効かない等の辛口な悪い評判はある?

テアテの最安値はどこ?アマゾンやメルカリはどうなの

テアテの解約はメールでも出来るの?【購入前に知っておきたい】

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

  • テアテの特徴は肌に優しい成分のみ配合しているのでどんな肌質の方でも安心して使用することが出来る。
  • ビーグレンの特徴は「キューソーム」という浸透技術を使って美容成分をナノカプセル化して各層の奥まで届けているので効果が早い。
  • ・どちらもニキビに効果があるが、ビーグレンは全てを揃えると1万円近くしてしまう。
  • テアテビーグレンCセラムを併用すると更にニキビへの効果を発揮するのでおすすめ。